2010年12月アーカイブ

2010tenyamaru1207syugou.jpg

7日曇り時々雨の予報でしたが曇り時々晴れ目がハート
前日まではサンマのナブラも好調で・・・・るんるん

でもこの日は、その姿は確認できませんでしたが

風だけでなくジグの引き抵抗もハンパないグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

この日は潮流がかなり早かったので

ジグの誘い方が大きく釣果に左右する日となりましたexclamation

『パン・パン・パン(ツン・ツン)~パン・パン・パン・パン・パン(トン・トン)』で『ギュン』exclamation

本日最初のワラサを朝一ヒットさせた庄野さんの

ヒットジグはレモン/ピンクグロー(ハダ釣具店オリカラ)ハート達(複数ハート)

1207warasa2.jpg

そのパターンで鰤1のワラサ3の竿頭、河村さん

ヒットジグはダンシングマジック(ハダ釣具店オリカラ)飛魚衝撃

1207buri.jpg

終わりがけのラスト1本追加の技入りワラサはケイタンジグ

1207warasa.jpg

河村さんとのダブルヒットで鰤を釣り上げた中山さんの

ヒットジグはピンク銀金/オレンジグローリバーシブル(ハダ釣具店オリカラ)目がハート

1207buri2.jpg 

ダンシングマジック(ハダ釣具店オリカラ)を持って鰤を釣りに行きましょうウッシッシ

 

朝から惨劇(ToT)

| コメント(0) | トラックバック(0)

2010tenyamaru1116syugou.jpg

今回も大王へ
6人で行って来ましたるんるん

出船6時半ってことで
のんびり3時過ぎに鈴鹿を出発車(RV)ダッシュ(走り出す様)

道も空いていたので
5時前に到着、1番乗り手(チョキ)

一緒にきてたマイミクのナオやんは
まだ、夢の中だったのでウッシッシ

みんなが来る前に
船を岸に寄せて乗りよい様に
ロープを短めに縛って準備OKわーい(嬉しい顔)

左手にキャスティングロッドexclamation
右手に束ねたジギングロッドexclamation ×2

真っ暗の中、船後から飛び乗って
いつものように
1で船べり
2で1枚板(イス)
3で船本体に着地のハズが

2で何かに足がひっかかり
3で両手を塞がれたまま
ダイビング衝撃
『ガシャン衝撃バキン衝撃
『ガタン衝撃ドカン衝撃』色んな音が
鳴り止んだと同時に
両膝・両足から色んな傷みが・・・・げっそり
左足首は完全に挫いたふらふら
軸足が今日は使い物にならないたらーっ(汗)

2010tenyamaru1116kenji_kega.jpg

束ねたジギングロッドは無事でしたがハート達(複数ハート)

キャスティングロッド無残に真っ二つ失恋

船には危険なものが沢山あるので
真っ暗の中、ダイブした割には
これだけの怪我ですんで良かったあせあせ

明るくなってから船内を見ると
危険なものがいっぱい『ゾ~』っとしましたげっそり

そうそう釣行の方は
数日前からベイトがイワシ・アジから
シラスになったかでジギングにもキャスティングにも
喰わないって言うことなんで
それならと手(グー)手(グー)手(グー)

結果ジギングでは
恥ずかしながら
前回と同じパターンでバイトまで
持っていったもののアマガミで
フックアウトの1回のみあっかんべー

オイラのキャスティングのロッドは
本日使い物にならないので
口でみんなにうるさいくらいの声援や煽り(アドバイス)
船上ではテンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

そんな期待に
なかぞうが応えてくれましたるんるん

嬉しさのあまりオイラが直々にランディングあせあせ
見事、本日初のワラサ、価値ある1本です魚座

自分が投げれないのをいい事に
更にオイラの応援はヒートアップ目がハート

そこで
なかぞう『一言いいですかexclamation & question
『○ープ○シャンの船長(凄くいい人)より、うるさい』ウッシッシ

オイラを静めるためと彼の優しさから
『使って下さい』とキャスティングのロッドを差し出すexclamation

風向きとナブラの進行先を読みながら
正確にキャストすれば・・・・何て言っててあせあせ(飛び散る汗)
ミスでもしてたらヤバイよね~ウッシッシ

プチプレッシャーを楽しみながら
1回目いい感じにナブラに近づくも
水深も14mと浅いので
船のプレッシャーですぐに沈む冷や汗

2回目再度、チャンス到来
ナブラは小さいけれど
射程圏内に投げる瞬間までは
しっかり、ボイルしているexclamation

着水後には
鳥だけが取り残された感じ・・・
ナブラは沈んで見えなくなっても
水面直下にはうごめいているはずなので
ここは諦めずに
クルクルダラ~るんるん
クルクルダラ~るんるんで『ガボっ』
同サイズのワラサGET目がハート

なかぞうと握手を交わしロッドを返還ハート達(複数ハート)

その後も
何度とおいしそうな大きなナブラや
喰いそうなナブラのチャンスはありましたが
残念ながら、なかぞうにアマガミが1回のみで
キャッチはありませんでしたあせあせ

外野から見ていると
今回特に思ったのは
船べりにへばり付くと
視界が狭くなってしまうので
もう少し、リラックスしましょうexclamation ×2

カルタ獲りと一緒で
俺が俺がってなっちゃうと
意外と目の前にあっても
視界が狭くなって見えないでしょあっかんべー

誘い出しなら
ダンシングのスーパードテラ釣法と
一緒なのでその場に魚が居なくても
おびき出せばいいだけの話しですが

ナブラはそこにいるのだから
ただ、そこに投げればいいんだけど
そこにある餌に集中している分
ルアーのサイズ・タイプ・泳ぎ方は
シビアに調整しないとねウッシッシ

そんな事で
何とか3連勝・祝るんるん

今日は打撲でアチコチ痛~いexclamation ×2

皆さんも乗船時はお気を付けあれ指でOK

26mで160m!!!

| コメント(0) | トラックバック(0)
tenya_2.jpg
先週の教訓を生かしてexclamation ×2

この1週間、根掛りしにくいアシストフックを作成衝撃

先週のハイリスクな釣りは
みんなの言うように好んで真似したくないよねあっかんべー
 
hamati_1.jpg

でも、オイラは釣れるならリスクは2の次exclamation ×2

っで、偶然でなく、
これが釣れる手段の1つと確信できたら
少しでもリスクが少なくならないか
次回までの1週間の間に構想を練る考えてる顔

思考錯誤の末、『根掛りしにくいのではexclamation & questionアシスト』
何パターンか完成目がハート
 
2010tenyamaru1102aji_fukase.jpg

いざ、これを信じてシャクりに志摩へ車(RV)

お客さん合わせて8人の予定が
ドタキャン1人むかっ(怒り)
お寝坊1人冷や汗
急なお仕事で1人ふらふら

急遽5人バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

港で船長さんに事情を話して
ご勘弁いただき『ごめんなさいたらーっ(汗)

やさしい船長さんにお許しいただき
気分を入れ替え出船船ダッシュ(走り出す様)

前日、鰤1ワラサ1が釣れた
水深100mのポイントへほぼ直行exclamation

いつに無く、鳥が数羽ずつのカタマリが
あちらこちらで海上や上空に舞っている
探検丸(魚探)にも頻繁に小さいベイトや
本命らしいカタマリが妖しげに通過するハート達(複数ハート)

その雰囲気に朝からテンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
ところが、昼くらいから強くなるはずの風が台風台風

ダンシング333gに変えてもヒュ~~~~~ふらふら

そのポイントについて30分もシャクない内に
風速9mを超える台風台風
風で波が潰され一面は真っ白げっそり

『WAKAさんちょっと』と船長さんexclamation
キャビンにお呼びがexclamation & question

『まさか、終了exclamation & question
いやな、予感が・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

キャビンに入って行くと
『安○沖の鳥山から漁師がワラサを何本か釣りだしたって』
『この風何だとここから10マイル(約18キロ)』
『1時間はかかると思うけど行きます』船長さんるんるん

ただでさえ、当日の人数半減でも申し訳なかったのに
こんな嬉しい申し出に二言返事で『ハイ、お願いしますハート達(複数ハート)

『ただし、そのポイントは水深20・30mだよ』と船長さん付け加える
るんるん

先週の悪戦苦闘したポイントでも30・40mあったのに
更に10mも浅くなるのか・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

無事に40分後には安○沖へ
そこには大量の鳥群れが目がハート

こんな天気のお陰か、漁師船3隻のみexclamation ×2

ただし、1隻が刺し網船のため、近づけない冷や汗

でも、派手は鳥山は1点に集中しているものの
広範囲に雰囲気はムンムンハート達(複数ハート)

先週の経験を生かして
ダンシング(フカセ)110を投入exclamation
前回のタックルと同じで
10ソルティガ4500Hに
PE3+リーダーフロロ8号
ロッドはディープライダー63-3(プロト)

風と潮流の助けもあって水深26mでも
1回目で倍の約50m
ただ、風と潮流向きが違うので少々手間取るウッシッシ

それでも、先週の甲斐あって、何とか120m到達るんるん

アクションは
パンexclamationパンexclamationバシンexclamation ×2
ロッドは柔らかいので、
外見はかなり激しくシャクっているように
見えるけど大半をロッドが吸収するので
実際はツン、ツン、ポヨ~ンくらいしか動いてないのかなウッシッシ

でも、アンバランスが魚の興味を引いているのは間違いないるんるん

っで、
パンexclamationパンexclamationバシンexclamation ×2・・・・
パンexclamationパンexclamationバシンexclamation ×2・・・・
パンexclamation、パンexclamation、バ・っ『ジィ~~』

『ヨッシャー』狙い通りの1匹exclamation
『120mでヒットしたよ』とオイラexclamation

『ここ26mしかないんですけど』と笑いながら船長さん
水深が浅いせいか、やたら元気な71センチのメタボワラサでした魚座

2投目(130m)
キャスティングマジック90にチェンジ
アクションは同じで
パンexclamationパンexclamationバシンexclamation ×2・・・・
パンexclamationパンexclamationバシンexclamation ×2・・・・
パンexclamationパンexclamationバシンexclamation ×2・・・・
パンexclamationパンexclamationバシンexclamation ×2・・・・
パンexclamation、パっ『ジ・ジィ~~』

『ヨッシャー』連発2匹目exclamation

同サイズメタボワラサでした目がハート

3投目(60m)
フロントウエイト175にチェンジ
アクションは同じで
パンexclamationパンexclamationバシンexclamation ×2・・・・
パンexclamation、パっ『ジ・ジィ~~』

『ヨッシャー』連発3匹目exclamation
少々サイズUPメタボワラサ目がハート

大型はやはり、着底は早いけど
今回はドテラが目的なので
再度、フカセ110にチェンジ

150m出たとこで一瞬タイミングが遅れて
シャクったら根掛りふらふら

1度ラインテンションを抜いて
シャクったら『ッフ』外れた目がハート

その場からパンexclamation、パっ『ジ・ジィ~~』

『ヨッシャー』連発4匹目exclamation
もう、笑が止まらない目がハート

連発5匹釣った跡で
更に風は暴風レベルに、1時過ぎにあえなく終了冷や汗

あのまま、釣っていたら
どれだけ釣れたのだろう目がハート

今回のロスとは1個で済みませた
先週の成果の見えた結果が出せて良かった手(チョキ)

リスクの高い釣法!!!

| コメント(0) | トラックバック(0)
tenya_1.jpg
 
いやー2ヶ月ぶりの日記だね冷や汗

マグロフィーバー以降、何だかんだで
ご心配いただき何人もメールいただき感謝・感謝目がハート

毎週、毎週、ルアーのテストやロッドのテストやらで
しばらく釣果よりもテスト優先で・・・・あせあせ(飛び散る汗)
(負け惜しみだな~~)

お陰様で良いのが出来ましたぴかぴか(新しい)
乞うご期待あれ目がハート

テストも一段落したので
ホームの大王へ行ってきました手(チョキ)

冷凍のイカをエサに底引き釣りで
前日には漁師さんも多いお船では10匹魚座魚座

週末には漁師船だけでも
40隻を超える盛況ぶり魚魚魚

今回はK村さんとお客さん2人とオイラの4人で
ゆったり、テン○丸さんにお世話になりました船

水深は35m~48mとかなり浅いポイント冷や汗

前日に負けずと今日もポイント周辺は
漁師船でごった返す船船船

鳥山もナブラも見えませんが
あちら、こちらで
漁師は良型のワラサを釣り上げていくのが見える目

大量にワラサが要るのは間違いないが
この日は潮もほとんど流れていないので
縦の鉛には反応が悪いげっそり

漁師も何気に誘い方によっても
釣果の差が出ているよう冷や汗

そこで、大型のダンシングに反応が
悪いので久しぶりにフカセ110・
キャスティングマジック90に交換リサイクル

水深45mexclamation
キャスティングマジック90なら
浅くても少々流されるので
1度目の底でも60mくらい
ラインの出たところで底がとれるので
強制ドテラをするには助かるわーい(嬉しい顔)
それでも、水面直下まで巻いて着たところで
再度、着底させても2回目以降は5mもラインは伸びないたらーっ(汗)

潮が流れていないので極端に魚の活性が
悪い時の目安は水深の3倍の距離を流し
いつも以上に底付近を念入りに誘いを掛けるように
心掛けていまするんるん

っと、なると今の水深が45mで
この時点で65m出ているって事は
残り85mで1回に+されていくのは
5mくらいなので、少なくとも17回は
これを繰り替えさないといけない計算になるふらふら

かなり、根気のいる釣法涙

そんな、苦労をよそに
K村さん、50mくらいで底が取れた時点で
リールをフリーにしたままで置き竿にexclamation ×2

微風のお陰で確かにほんの少しずつは
船は流されているとは言えexclamation

根掛り覚悟で
『流れぬなら、流してしまえ!!』
K村さん恐れ入った戦法げっそり

10mを20秒くらいで流れていくので
残り100mは3分もあれば流れてしまう電球

確かに、この状況下では素晴らしい方法ですが
1歩間違えれば1発根掛りでジグはなくなる泣き顔

まさに、究極の選択ウッシッシ

これが上手くハマって
K村さん、あっちゅう間にワラサ4本exclamation ×2

その間にジグロスト1本。

それならと、オイラも
ドキドキしながら着底したら
置き竿で待つこと約3分ウッシッシ

150m出たところで
間髪いれずにシャクってみると
以外に根掛りしていないわーい(嬉しい顔)

数回シャクったところで
『ジィー』喰らい付いたるんるん

やっぱり、流したらダンシング最強指でOK
ぎり71センチ3キロのワラサちゃんハート達(複数ハート)

その後も順調に追加したけれど
ジグのロストは3つげっそり

リスクの高い釣りでしたが
この方法しか喰ってこないんだから、仕方ないかウッシッシ

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

  • やったね報告 (35)
  • 三重県
  • 京都府
  • 佐賀県
  • 兵庫県
  • 北海道
  • 千葉県
  • 和歌山県
  • 埼玉県
  • 大分県
  • 大阪府
  • 奈良県
  • 奮闘釣行記 (28)
  • 宮城県
  • 宮崎県
  • 富山県
  • 山口県
  • 山形県
  • 山梨県
  • 岐阜県
  • 岡山県
  • 岩手県
  • 島根県
  • 広島県
  • 徳島県
  • 愛媛県
  • 愛知県
  • 新潟県
  • 東京都
  • 栃木県
  • 沖縄県
  • 滋賀県
  • 熊本県
  • 石川県
  • 神奈川県
  • 福井県
  • 福岡県
  • 福島県
  • 秋田県
  • 群馬県
  • 茨城県
  • 長崎県
  • 長野県
  • 青森県
  • 静岡県
  • 香川県
  • 高知県
  • 鳥取県
  • 鹿児島県